CORKBRICK(コルクブリック)を徹底調査!工具も接着剤もいらない組立家具とは?

CORKBRICK(コルクブリック)作成イメージ

こんにちわ!
コルク作家のコルクボーイ(@39corkboy)です!

本日ご紹介するのは、2022年日本上陸予定のすごくおもしろい商品です!!

その名も『CORKBRICK(コルクブリック)』

海外のコルク製品を探している中でコルクボーイが一目惚れした商品で、調べれば調べるほどおもしろかったので徹底的に紹介していきたいと思います。

実際に購入もしてみたので、レビューもしちゃいます!

コルクボーイ
それでは、レッツコルク!

Contents

CORKBRICK(コルクブリック)とは?

CORKBRICK(コルクブリック)
名前や写真を見てもらえば分かると思いますが、CORKBRICKとは、コルクでできたブロックです。

サイズは、1つのパーツで約20cm×20cm×20cmの立方体で、重さは1kg弱くらいの一見普通のコルクでできたブロックのように見えますが、すごい特徴がいくつもあるんです!

ここでは、CORKBRICKとはどういう商品で、どのような特徴があるのかを紹介していきます!

7つのパーツだけでさまざまな家具に変形する!

CORKBRICK(コルクブリック)7つのパーツ
CORKBRICKは、全部で7つのパーツでできています。

この7つのパーツを組み合わせるだけで、椅子や机、ベッドなど、いろんな家具に変形します。

CORKBRICKパーツ説明

Baseという基本的なパーツを中心に他のパーツを組み合わせることで、あとは想像力だけでいろんな商品を組み立てることができるんです。

公式HPにも書かれていますが、大人のレゴブロックのように楽しく誰でもDIYを楽しめるのがCORKBRICKの特徴です!

CORKBRICK(コルクブリック)作成イメージ

コルクボーイ
DIYが苦手でも子どもから大人まで楽しんで簡単に組み立てができるんだね!

組み立て方法がとても簡単

組み立て用の家具を購入したとき、説明書を見ながら、ドライバーを回したり、接着剤をつけたりと、結構大変ではないですか?

CORKBRICKは、工具もネジも接着剤も使わずに作ることができてしまいます!

ソファーを組み立てる動画があるのでぜひご覧ください。

どうでしょうか?すごく早く完成しましたよね。

こちらのソファーは8分で組み立てたそうです!

こんなにも簡単に組み立てられる理由は、工具や接着剤を使わず、パーツが7つと限定されていることと、コルクの特徴である軽いということでしょう。

さらに詳しくコルクの特徴を知っていただくために、こちらの記事もぜひ読んでみてください。

コルク会話中

水にも火ににも強い!?万能すぎるコルク素材のメリット5選

コルクボーイ
工具や接着剤を使わないから、危なくもないし、失敗することもないね!

他の家具にも変形することができる

ソファーやベッドを一度購入すると、買い替えるまでソファーとベッドですよね。(当然ですが)

ここまで説明したように、CORKBRICKは、一つ一つのパーツでできているので、一度作ってしまったとしてもまた解体して他の家具に組み立て直すことができます。

CORKBRICK(コルクブリック)変形

たとえば、上の画像のように、同じ部屋でありながら、子ども部屋から大人の仕事部屋までCORKBRICKを動かしながら、用途に合わせた部屋にカスタマイズできます。

このようにパーツを組み替えるだけで部屋をリフォームしていけるというところもCORKBRICKの特徴です。

コルクボーイ
同じパーツで子どものキッズスペースから大人のビジネス用のデスクにまで変形するのはとてもおもしろいね!

環境にやさしい

CORKBRICKは、コルク樫を原材料としているため、環境にやさしいところが特徴です。
コルクがどれほど環境にやさしいか詳しく知りたい方は、こちらの記事も読んでみてください!

木とコルク

コルク栓はどうやってできているの?原材料のコルク樫はめっちゃエコの木だった!

コルクという素材は、再利用することができるので、ゴミが出づらいということもありますし、原材料であるコルクは、木を切らなくても採取することができるということで、環境を壊すことなく一本の木から何度も素材を集めることができます。

さらに、CORKBRICKを販売するCORKBRICK EUROPEは、欧州グリーンディールの目標や、SDGsにも貢献しているそうなので、会社としても環境問題に積極的に取り組まれています。

欧州グリーンディールとは、EUが2019年に発表した気候変動対策のことで、2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにすることを目指す取り組みのことです。

また、国連に加盟している193カ国が、2016年から2030年までの15年間で達成するために掲げたSDGs(持続可能な開発目標)という17の目標があるのですが、CORKBRICK EUROPEは、「陸の豊かさを守ろう」という環境の目標も含めた6つの持続可能な開発目標に影響を及ぼす活動をされています。

コルクボーイ
CORKBRICKを使うことで環境についても考えるきっかけになればいいね!

どんな会社が運営しているの?

コルクブリック会社情報
CORKBRICKは、CORKBRICK EUROPE(コルクブリックヨーロッパ)という会社が販売しています。

海外のサイトで英語表記ですが、詳しく知りたい方は、以下のリンクからホームページを見ることができます!

ここでは、どこの国の商品で、どんな会社が運営しているのかをご紹介していきます!

CORKBRICK EUROPEとは?

CORKBRICK EUROPEは、ポルトガルの会社で、CEOのミゲル・レイノルズ・ブランドンさんが、娘さんのカタリーナさんと共同で創設されました。

環境や持続可能をテーマにしたイベントに数多く出られており、CORKBRICKを使ったコンテストを開催するなど、積極的に活動されています。

また、クラウドファンディングを今までに数回行い、世界各国から250人以上の投資家が集まっています。

投資家の中には、グーグルやレゴなど有名企業の幹部もいるみたいで、CORKBRICK EUROPEの未来を応援する人がたくさんいらっしゃいます。

プレゼンテーション
イベントで講演するCEOのミゲル・レイノルズ・ブランドンさん

CORKBRICKはどのように生まれたのか

CORKBRICKのアイデアは、2012年4月に旅行中の空港で、親子の会話から始まったそうです。

起業家の父ミゲルさんと、当時建築家を目指していた娘のカタリーナさんが、シンプルで、工具も接着剤も使わずに屋根裏部屋の空いたスペースに客室を作れないかを話し合っていました。

そこで、CORKBRICKのアイデアを思いつき、旅行から帰宅すると、早速市場調査をしたり、具体的な設計をしていきました。

これがCORKBRICKの原点のようです。

コルクボーイ
親子の会話から始まったCORKBRICK!ストーリーもおもしろいね。

使用例を見てみよう


ここまでで、CORKBRICK(コルクブリック)が環境にやさしく、限られた部品だけでいろいろな家具を簡単に組み立てることができるということが分かっていただけたと思います。

では、7つの部品だけでいったいどんな製品を作り、どんな場所で使用することができるのか?を紹介していこうと思います。

部屋で使う場合

部屋使用時
家の中でも身近に使うことができるCORKBRICKですが、部屋で使う場合には、ソファーやベッド、机などとして使用することができます。

普段ソファーや机として使っていても、急に友人が泊まるとなった時、それをベッドに変えることもできます。

CORKBRICKを壁として使えば、1つの部屋が簡易的に2つの部屋にもできたりと、アイデア次第でいろいろとリフォームを楽しめると思います。

オフィス用
部屋を区切る壁としても使えるので、在宅ワークも多くなった人であれば、家での仕事場を作ることもできてしまいます。

オフィスやお店で使う場合

オフィスでの使用時
オフィスの大きさや用途によっても動かすことができるので、購入した机や椅子に合わせた仕切りを作ることもできます。

動かすことができる利点として、人数が増えたり、減ったりした時にも簡単に移動ができますし、部署によってスペースを区切ってもいいかもしれません。

オフィス作りも自由にできるところがCORKBRICKの良いところですね!

お店使用時
お店で使う場合、家で使うよりも部品を多くして、より大きなソファーを作ることもできるので、カフェなどで大人数用のソファーを作ることもできます。

コルクという自然な色合いで、レンガや工業的なインテリアとも相性が良く、オシャレに演出できますね!

美術館やホールなど大型施設で使う場合

美術館
CORKBRICKを美術館や博物館で使う場合は、休憩スペースの椅子としてはもちろん、展示スペースとしても使うことができます。

展示する作品によって、形を変化することができるので、テーマごとに展示スペースが簡単に作れますね。

また、子どもから大人まで簡単に安全に使えるので、キッズスペースの仕切りとして使用できるだけでなく、子どもの遊び道具として実際に組み立てる用に置いておけば、レゴで遊ぶように子どもたちの発想力も鍛えることができます。

ホール使用時
大量のCORKBRICKを使えば、舞台を作ったり、階段のような座席を作ることもできます。

スペースさえあれば、簡単にステージが完成してしまうので、楽しみながら空間を作り上げることができるのは素敵ですね!

イベント会場で使う場合

イベント使用時
短期でのイベントを開催する場合、商品の陳列棚などの設置は結構大変ですよね。

CORKBRICKであれば、簡単にイベント会場の設営ができますし、片付けも簡単にすることができます。

災害等緊急時のパーテーションとして使う場合

災害時パーテーション
災害や緊急時に、体育館や倉庫に避難場所として素早くパーテーションや簡易的な部屋を作る必要があります。

その場合に、軽くて簡単なCORKBRICKを使うことで、早く避難場所を作ることができます。

また、簡易的な病院を作る場合は、早く治療場所を作れるだけでなく、コルクの特性である、抗菌性や遮音性、断熱性が患者さんにも安心と快適さを与えることができます。

実際に海外から取り寄せて使ってみた感想

レビュー
CORKBRICKを発見したときに、すごく面白い商品だ!と思ったのですが、実際に見てみないと分からないと思い、CORKBRICK EUROPEに連絡してみました。

日本で発売前ということと、少ない数では送れないということで、最初は断られてしまったのですが、コルクが好きだという想いを伝えると、CEOのミゲルさんから連絡をいただき、一番少ない部品のCORKBRICKを送っていただけました。

サンプル
実際に購入したCORKBRICK(コルクブリック)

サイトで購入できる最小の数は、コーヒーテーブル用のCORKBRICKなのですが、今回購入したのは、サンプル用なのでさらに最小の数でした。

BASEのブロックが4個と、1Dと2Tのブロックが1個ずつの合計6個のブロックが届きました。

サイズはすべて合わせて縦40x横40x奥行20cmで、重さは約8kgでした。

1.色やコルク感は写真で見た通り

CORKBRICK見た目
ネットショップ等で購入する場合、サイトで見た写真と実際に見た商品と色味が違う場合があります。

今回購入したCORKBRICKは、写真で見た通りのコルクの色味で、木の自然な雰囲気があり、写真とのギャップもありませんでした。

2.1つずつのパーツは軽くて運びやすい

CORKBRICK軽い
コルクという素材は、軽いというのが特徴です。

実際に持ってみましたが、1つのブロックで1キロくらいの重さなので、牛乳のパックぐらいの重さでした。

子どもであっても、女性の方でも、組み立てたり移動させたりするのに持ち運びやすい重さです。

3.上に乗ってもしっかりしている

CORKBRICK丈夫
軽いということで力が加わると崩れたり、割れたりするのではないかなと思ったので、実際に上に乗ってみました。

僕の体重は、65kgなのですが、上に乗ったところ、崩れるどころかすごく安定感がありました。

軽くてしっかりしているということなので、上に人が乗るようなソファーやベッドとしても安心して使えるのではないかと思います。

4.パーツをつけたり外したりが簡単

コルクブリックパーツ分解
実際にパーツごとをはずしたりつけたりをしてみたのですが、簡単にできました。

ほぼ隙間なくはずしたり、はめ込んだりできるので、組み立てていくのが楽しかったです。

5.コルクの粉が削れる

コルクの組み立てをする際に、ブロック同士が擦れるので、少しコルクの粉が削れました。

なので、強くこすれたり、何度も組み立てを繰り返すと粉が出ることもあるので気になる人もいるかなと思いました。

ただ、粉が一つも落ちないようにしようとすると接着剤などを多く使わないといけない可能性もあるので、それだけコルク本来の素材を活かした商品だろうと感じました。

6.最初独特なコルクの匂いがした

箱から出したときに、コルク独特の匂いがしました。

僕自身は気になる匂いではないのですが、人によっては気になる人もいるかなと感じました。

ずっと匂いが続くのかなと思っていたのですが、日数が経つと、匂いも弱くなり、花の甘い匂いがしたので、強い匂いは、最初だけの匂いなのかもしれません。

魅力的に感じた点とイマイチな点

メリットデメリット
CORKBRICKを使う上で、魅力的に感じた点とイマイチな点を調べてみました。

まだ日本上陸前なので、情報が少ないですが、購入して感じた点と調べた情報からまとめてみたいと思います。

DIYが苦手な人でも簡単に組み立てることができる

DIYというと手先が器用な人が、道具を駆使して難しい作業をするというイメージがあるかもしれません。

ですが、CORKBRICKは、不器用な人でも、道具がなかったとしても、家具を作ったり、部屋をリフォームしたりすることができます。

環境にやさしい

コルクというエコな素材が使われているので、使用が終わってもリサイクルができるなど、環境にやさしい商品となっています。

遮音性や断熱性に優れている

コルクの特性である、遮音性や断熱性が優れているので、簡易的な部屋を作った場合にでも、暑さや寒さに強く、音も軽減できるので、快適な部屋作りをすることができます。

場所の大きさに関係なく使用することができる

1つ1つのパーツが小さく、大量に重ねることで、大きな場所にでも使えますし、少ない量であれば部屋のインテリアとして使うこともできます。

オリジナルの製品を作ることができる

あとで紹介しますが、CORKBRICK PLAY(コルクブリックプレイ)というシュミレーションのアプリを使うことで、作りたい商品をシュミレーションして購入することができます。

また、CORKBRICKの設計部門に相談すれば、欲しい商品を作ってくれるサービスもあるみたいなので、発想次第でおもしろい商品が作れそうです。

色のバリエーションがない

コルクの素材をそのままを使っているため、色のバリエーションがありません。

コルクの色をどうしても変えたいという方は、植物を合わせたり、壁紙やボードを貼ることで、色のバリエーションを増やすことができます。
壁紙

外に長い時間置くと変色する場合がある

コルクは直射日光に長時間置くと黒く変色してしまう場合があります。

室内で使う場合や、イベント時だけ外に置くなどであれば問題がないのですが、外で使おうと思われている方は気をつけた方がいいかもしれません。

長時間使うと削れる場合がある

CORKBRICK(コルクブリック)は、コルクの粒を固めた商品なので、削れると少し粉が落ちてしまいます。

それだけ自然素材にこだわっているということなのですが、長い期間触れたり、動かしたりすることで削れてしまう場合があります。

CORKBRICK PLAY(コルクブリックプレイ)でオリジナル商品を作ろう

CORKBRICK PLAY
CORKBRICKを使って、家具やパーテーションなどを作る場合に、どのパーツが何個いるかを頭の中だけで想像するのはなかなか難しいと思います。

ある程度、CORKBRICKのホームページで完成図のある商品があるのですが、自分が使いたいようにオリジナルの商品を作りたい人もいるでしょう。

そんな時は、CORKBRICKの完成図をシミュレーションできる無料のアプリがあります。

その名もCORKBRICK PLAYというのですが、どういったアプリなのかを説明していきたいと思います!

CORKBRICK PLAY(コルクブリックプレイ)とは?


スマートフォン用のアプリで、CORKBRICKを自由に配置することでシミュレーションすることができます。

操作はとても簡単で、指先だけで、パーツを増やしたり、消したり、移動や回転させたりすることができます。

また、イメージをより具体的にするために、人を置いたり、ベッドを置いたりと詳細にシミュレーションができます。

作ったCORKBRICKでオリジナルの商品を注文することができますし、このあと紹介する販売することもできるみたいです。

遊び感覚で使えるので、ぜひ以下のリンクからダウンロードして使ってみてください!
Google_Play_logo
App_Store_logo

アプリで考えたオリジナル商品が販売できる

CORKBRICKCHALLENGE
CORKBRICK PLAYでも作れるのですが、SketchUpという3DモデリングのソフトでもCORKBRICKのシミュレーションをすることができ、よりリアルに再現することができます。

こういった3Dソフトを使ってクオリティ高く作ることで、審査に通るとCORKBRICKのサイトでデザインを販売することもでき、その商品が売れるたびに数パーセントのロイヤリティーが永久的に入ってくるみたいです。

レゴが好きな方や、設計に興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてください!

コルクボーイ
レゴのようにいろんなアイデアを考えることができるし、そのアイデアを販売できるというのは面白いね!

CORKBRICK(コルクブリック)の競合商品は?

この投稿をInstagramで見る

 

EverBlock Systems(@everblock)がシェアした投稿


特許も取られているようなので、CORKBRICKのような商品は、世界中を探しても見つからないのですが、唯一近い商品があります。

それが、EVERBLOCKという商品です。

日本では、マイ・ブロックという名前で販売されています。

EVERBLOCKとはどういう商品か?

EVERBLOCKもCORKBRICKと同じく、レゴのように組み立てられ、小さな椅子からテーブル、パーテーションなどを作れるブロックです。

レゴが作っているわけではないみたいですが、形はレゴそっくりで、イベントやオフィスなどでも多く使われているようです。

CORKBRICK(コルクブリック)とEVERBLOCKの違いとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Corkbrick(@corkbrick_europe)がシェアした投稿


■素材の違い
CORKBRICKは、当然コルクでできていますが、EVERBLOCKは、プラスティックでできています。

木のような自然な風合いCORKBRICKと、ツルツルした工業的なデザインのEVERBLOCKなので、好みは分かれると思います。

■色の違い
CORKBRICKは、コルクの色1色なのに対し、EVERBLOCKは、カラフルないろんな色が存在します。

■パーツ数の違い
CORKBRICKは、7個のパーツだけでできていますが、EVERBLOCKは、基本的なパーツに加えて他にもいくつかのパーツが存在します。

多くパーツがあることで、複雑な構造物も作ることができますが、複雑になることで作る時間がかかってしまうので、どちらであってもメリットデメリットがありそうです。

■使用用途の違い
CORKBRICKは、直射日光に当たると変色する可能性があるので、ずっと外で使う場合はEVERBLOCKが向いているように思います。

自然な感じのCORKBRICKなので、植物との相性も良く、室内に自然を取り入れたい方などは、CORKBRICKがむいているように思います。

どちらが良いということではなく、使用用途によってどちらも使い分けていくと、イベントやオフィス、リフォームなど、楽しく幅が広がりそうです。

■日本上陸しているかどうか
2021年現在、CORKBRICKは、日本に上陸していないので、簡単に購入することはできません。
(大量な発注や、送料は高くなってもよければ、ホームページから購入できるようです。)

EVERBLOCKは、日本に代理店があるので、購入することができるようです。

コルクボーイ
競合商品ではあるけど、使用用途によってどちらも使うとおもしろそうだね!

気になるポイントQ&A

ここまでいろいろと説明してきましたが、まだまだ気になるところがある!という方もいらっしゃると思います。

もし質問等ありましたら、コルクボーイに聞いていただければ、Q&Aにどんどん足していきたいと思いますので、ぜひお気軽にお問合せください!

Q.価格はいくらですか?
A.日本で販売される際の価格はわかりませんが、現在ネットショップで購入できるコーヒーテーブルを作れるパーツの入ったパックで約25,000円くらいでした。ただ、送料も商品と同じくらいかかるので、少量で購入する場合は、日本での発売を待ったほうがいいかもしれません。

Q.ブロックに色を塗れますか?
A.色を塗ることはできるようですが、使用後にリサイクルを目的として作られているので、色を塗った場合は、リサイクルや返品ができなくなるようなので、あまりおすすめはできません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回ご紹介したCORKBRICKは、コルク素材を活かしたシンプルで楽しい商品でした。

持続可能というキーワードがこれから定着していくと思いますが、これからの時代に合っていると思います。

まだ日本に広まっていないですが、いろんなイベントや施設、お店などで使われるようになれば、コルク素材も有名になりますし、環境問題や持続可能について考えるきっかけにもなると思いますので、コルクボーイとしては、ぜひ広まってほしい商品です!

これからもコルクでおもしろい商品がありましたら紹介していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。